やよい通信、行政書士・社会保険労務士からの有益な情報です。

法的保護情報講習の専門講師(外部講師)へ依頼するには

外国人技能実習生に対する法的保護情報講習を行う専門講師(外部講師)への依頼には、大きく分けて次の3つの形態があります。【追記:現在は、2のJITCO派遣業務と3の直接依頼の2つの形態】

1. 厚生労働省の委託事業として財団法人国際研修協力機構(JITCO)が行う無料講師派遣を利用
※ただし、常勤職員数20名未満の中小管理団体(650団体分)に限り、原則各団体1回の利用となります。 ⇒くわしくは、JITCOにお問い合わせください。【追記:終了しました】

2. JITCOが自主事業として行う専門講師の派遣・紹介を利用
      ⇒くわしくは、JITCOにお問い合わせください。【追記:紹介業務は終了しました。派遣業務は継続中です】

3.行政書士や社会保険労務士などに直接依頼

上記1および2については、2010年6月29日付「やよい通信」でもご報告のとおり、やよい事務所代表は、JITCOの「法的保護情報講習の講師養成セミナー」を受講・修了し、JITCO専門講師として登録しており、平成22年8月1日付でJITCO派遣講師の委嘱も受けております。

上記3については、やよい事務所では管理団体様からの直接の講師依頼も承っております。当事務所代表は申請取次行政書士・社労士の資格を有しており、入管関係法令・労働関係法令双方の専門家として講習を行うことができます。くわしくはこちらまでお問い合わせください。

【関連記事】
2010年4月7日付「やよい通信」

コメントは受け付けていません。