やよい通信、行政書士・社会保険労務士からの有益な情報です。

在留資格が変わります

2015 年 3 月 26 日 木曜日

平成26年6月公布の「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」が、本年4月1日から施行されます(一部はすでに施行されています)。これにより、以下ご案内するように在留資格の種類や内容が変わります。

1.在留資格「高度専門職」の創設
現在、高度学術研究活動、高度専門・技術活動または高度経営・管理活動を行う外国人については、在留資格「特定活動」の枠組みの中で高度人材と認定された方を対象に出入国管理上の優遇措置がとられています。

4月1日からは、「高度専門職1号」の枠組みの中で優遇措置が実施されることになります。そして、「高度専門職1号」をもって一定期間在留した外国人を対象とする「高度専門職2号」も創設されます。この「高度専門職2号」では、活動制限が大幅に緩和され、在留期間も無期限となります。

2.在留資格「投資・経営」から「経営・管理」へ
「投資・経営」では、外資系企業における経営・管理活動に限定されていましたが、4月1日から施行される「経営・管理」の下では、外国資本との結びつきの要件がなくなり、日系企業の経営・管理活動を行う外国人の招聘も許容されることになります。

3.在留資格「技術」及び「人文知識・国際業務」を一本化
これまで、理系は「技術」、文系は「人文知識・国際業務」という区分でしたが、4月1日からは「技術・人文知識・国際業務」(長い名称ですね)に一本化されます。従って、例えば、大学の工学部を卒業して企業の人事部で人事システムの作成に携わる業務に従事する場合でも、迷うことなく「技術・人文知識・国際業務」で申請することができます。

4.在留資格「留学」の対象を拡大
上記1~3までとは異なり、この改正は本年1月1日から既に施行されています。従来は、高校生以上を対象としたものでしたが、これを拡大し、中学生や小学生の「留学」が認められるようになりました。
参照URL: 法務省入国管理局

外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律案

2015 年 3 月 8 日 日曜日

3月6日に閣議決定された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律案」はこちらで見ることが出来ます。
http://www.moj.go.jp/nyuukokuk…/…/nyuukokukanri05_00011.html

ベトナムへのビザなし渡航の要件が変わりました

2015 年 1 月 6 日 火曜日

2015年1月1日から、日本人のビザなし渡航(滞在期間15日以内)が認められるための要件が変更されました:

1. 入国時にパスポートの有効期間が6ヶ月以上あること(従来は3ヶ月以上)

2. 前回のベトナム出国から30日以上の期間が経過していること

3. ベトナムからの帰国便又は第三国への航空券を持っていること

これにより、全体の旅行期間が15日以内であっても、例えば、①ベトナム→②カンボジア→③ベトナムというような旅程の場合、③の入国が上記要件2を満たさないのでご注意ください。

参考URL: 「在ベトナム日本国大使館」ホームページ